エンジニア業界に見られるギャップとは

エンジニアは、主に物事を効率化しシステム化するのが仕事です。企業における業務プロセスを効率化したり、ネットサービスにおけるシステム構築などあらゆるものを効率良く便利にしています。

ところがそのエンジニア業界そのものは、非常に非効率と言ってもよい状態にあります。仕事内容とのギャップも感じるものですが、具体的にはプロジェクトに関わるリーダーが少ないことが原因となります。作業にあたるプログラマーは自身の作業におけるスキルアップには興味を持ちますが、この業界全体の課題解決という点に関してはさほど興味を持っていないものです。その結果残業が増えたり、時にその残業代が支払われないことがあるとしても状況は変わりません。

そこで転職エージェントを利用して、より待遇の良い会社を探そうとするわけです。けれども業界の体質は変わらないので、根本的には転職しても状況は変わることはないものです。そのために多くのエンジニアは独立をしたり、あるいは別の業種へ転向するようになります。なかなか業界全体の体質を変えようという人材がいないのが現状でもあります。そのために、スクラム開発といったトップダウンとは異なるアプローチの手法が誕生したりするわけです。

優秀なリーダーがいなくても、開発メンバー自身がプロジェクトの進行管理を行うというわけです。あくまでもリーダーになろうという人材がいないことが、この業界にギャップを生み出していると言えます。

No Comments - Leave a comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*